メニュー 閉じる

GoogleCloudPlatformでロードバランサを作成する#1

はじめに

この記事はそもそもにGCPのアカウントがある、または一度はGCPを使ったことがある人向けに記載しています。
ただそれだと流石にどうかと思いますので、GCPってどう始めればいいのという方は@michi_hさんが投稿しておりますGCPを初めて使う人のための使い始めガイドをご参照ください。

また下準備だけでかなり色々と設定が必要があるため、分割して投稿します。

01.下準備(スナップショット)

ロードバランサ(LB)を構築するに至って、様々な下準備が必要となります。なので最初はLBをしようとしているインスタンスのスナップショットを取ります。

スナップショット取る方法はComputerEngine > スナップショットを選択します。移動したらスナップショットを作成をクリックすると下記のような画面が出るはずです。ロケーションは特に指定はありませんが、スナップショット対象のロケーションと同じリージョンを選んでおけばいいと思います。ちなみに名前は自由に決められるのでお好みで。
設定終了後に作成をクリックすると、スナップショットの作成が開始されます。

作成が終了したらComputerEngine > VMインスタンス > インスタンスを作成の順番にクリックしたら少し下にスクロールしてブートディスク > 変更 > スナップショットに移動し、作成したスナップショットを選択してインスタンスを作成してください。

02.下準備(インスタンステンプレート)

次はインスタンステンプレートを作成します。

インスタンステンプレートを取る方法はComputerEngine > インスタンステンプレート > インスタンステンプレートを作成をクリックすると下記のような画面が出るはずです。
ここではインスタンス作成時と同じような画面なので説明は省略しますが、基本的にはスナップショットをしたサーバ設定と同値で問題はないはずです(現状私は問題ありません)。

03.下準備(インスタンスグループ)

まだあるんです。次は01.下準備で作成した一号機と二号機をグループ化します。

インスタンスグループを作成する方法はComputerEngine > インスタンスグループ > インスタンスグループを作成をクリックすると下記のような画面が出るはずです。

03_1.注意ポイント

左側に「新しいマネージド インスタンスグループ」と「新しい非マネージド インスタンスグループ」がありますが、選択するのは新しい非マネージド インスタンスグループです。

そうしましたら設定のVMインスタンスにてスナップショットもとのインスタンスと、スナップショットから作成したインスタンスを選択して作成をクリックします。

終わりに

少々長くなる思いましたので初めにある通り分割させていただきました。
後半戦も最初に少しだけ下準備をして(まだあるんかい)本題のLB設定と動作確認となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です